ソーラーパネル

ソーラーパネルは何でできているの?

ソーラーパネルは何でできているの?


a0001_013026

太陽光パネルは、シリコン(半導体)で作られます。すなわち、太陽光パネルは半導体で作られています。太陽光パネルの発電部分に半導体が使用されているわけです。太陽光パネルに使用されている半導体は、光を当てると電気を起こすことが出来る半導体と言うことになります。性質的には、強い太陽光を浴びると大きな電気を出力します。そして、いかに弱い太陽光であっても、大きな電気を生成する太陽光パネルが求められます。

太陽光パネルは、太陽光エネルギーを電力に変える装置ともいえます。太陽のエネルギーは、今後、太陽が燃える尽きるまで、潤沢にあるエネルギーです。そして、太陽光エネルギーは、無料で使えるエネルギーです。しかも、クリーンです。現在は、火力発電や水力発電、そして、取り扱いが極めて難しい原子力発電、それから、風力発電、地熱発電、海流を利用した発電など様々な発電方法がありまます。

その中で、太陽光発電は、小規模な発電が可能です。小規模な発電は、それだけ初期投資が少なくてすみます。その分、個人や企業が参入し易い発電といえます。太陽光パネル(半導体)には、単結晶と多結晶があります。そして、単結晶のものは、品質が安定しないけれど、変換効率が良いという特徴があります。多結晶のものは、製造品質が安定し、価格が安価という特徴があります。